ベルギー王国ブルージュ・日本伝統文化芸術祭へのお誘い

2016年、日本とベルギーの外交・友好関係150周年を記念して両国の友情の絆を強化し、
文化交流を促進する事業が一年間展開されます。

日本側名誉総裁に天皇陛下が就任され、ベルギー側名誉総裁にフィリップ国王陛下が就任されました。
この公式記念事業の一環として、在ベルギー日本大使館が認定した日本の伝統文化を紹介する
ブルージュ・ジャパン・デイ2016「ベルギー王国ブルージュ・日本伝統文化芸術祭」が開催されます。

上記の日本伝統文化芸術祭に、協会で着物ショウの公演をいたします。
6月22日~6月28日の7日間のツアーです。

ベルギーのブルージュは世界遺産の都市で、屋根のない美術館と称され、
中世の街並がそのまま残っているすばらしい観光地です。

6月はベストシーズンで最適です。また、利用するカッセルベルグホテルは、
ほぼ5つ星に近い雰囲気と設備があり、地下には13~14世紀時代の内装を残した
無料で使える素敵なハアム(サウナ)もあります。

ブルージュの雰囲気を簡単な動画ですがフェイスブックでご覧いただけます。

https://m.facebook.com/worldeventlink/?ref=bookmarks

会員の皆様、ぜひ一緒にご参加くださいますようお願いいたします。

■ツアー概要はこちらでダウンロードできます→ベルギー王国ブルージュ日本伝統文化芸術祭ツアー概要

懇親パーティ(総会)写真販売のお知らせ

11月29日に行われた2015年度懇親パーティ(総会)でプロのカメラマンが撮影した写真の数々を
webサイトからご注文いただけます。

こちらにアクセス!→ カトウフォートインターネットフォトサービス

ログインIDとパスワードは、和装新聞「天花燦々」新年号に掲載しています。
または協会事務局までお問い合わせ下さい。

販売期間 2015年12月20日~2016年2月20日

『帯結び実践編』帯結び再募集のお知らせ

『帯結び実践編』 帯結び再募集のお知らせ

現時点で目標点数まで若干届いておりません。
本のない硫黄の充実のため、再度募集いたします。
たくさんのご応募お待ちしております。

■応募用紙ダウンロードはコチラ

・作品のテーマ・・・自由 帯結び名を必ず明記してください。

・出展資格  ・・・協会会員であること。

・着物の種類 ・・・ゆかたを除く。

・応募方法  ・・・所定の出展申込書に必要事項を記入の上、出展用写真①後ろ姿帯結びアップ
②全身後ろ姿 ③前姿上半身(帯下おはしより線くらいまで)と、
手順説明用写真(帯結びの順番に沿って6カットほど)を添えて学院または
協会事務局まで。

・締切 ・・・2016年3月末日

・出展料   ・・・3,240円

<写真撮影に関する注意>
出展用のお写真はそのまま審査用冊子に使用します。背景に気を配り撮影に臨んでください。
(ふすまや壁の前等背景をすっきりさせる。大判の布や紙を利用するなど)

ご自分で考案した帯結びが本に載り、現場で実践として使われることになります。
どうぞご参加ください。

 

<協会>行事あんない・報告

こちらでは、当協会で予定している行事のごあんないと、紹介をします。

2015年度懇親パーティ(総会)のお知らせ

一般財団法人 全日本和装コンサルタント協会 全日本現代作法協会
2015年度懇親パーティ(総会)開催についてお知らせします。 →→お申込フォームはこちら

◆日 程 2015年(平成27年)11月29日(日)
・お能の鑑賞&きものショウ 13:00~15:30(間15分休憩有) 於:山本能楽堂
・懇親パーティ       17:30~20:00          於:天王殿(料亭)

◆会 費(税込)
・お能の鑑賞および着物ショウのみ出席  …  6,000円
・懇親パーティのみ出席         … 13,000円 <食事付>
・両方出席の場合            … 18,000円

◆山本能楽堂で鑑賞いただく演目「羽衣」
~あらすじ~
春の朝、三保の松原に住む漁師・白龍(はくりょう)は、仲間と釣りに出た折に、松の枝に掛かった美しい衣を
見つけます。家宝にするため持ち帰ろうとした白龍に、天女が現れて声をかけ、その羽衣を返して欲しいと
頼みます。白龍は、はじめ聞き入れず返そうとしませんでしたが、「それがないと、天に帰れない。」と悲しむ
天女の姿に心を動かされ、天女の舞を見せてもらう代わりに、衣を返すことにします。
羽衣を着た天女は、月宮の様子を表す舞いなどを見せ、さらには春の三保の松原を賛美しながら舞い続け、
やがて彼方の富士山へ舞い上がり、霞にまぎれて消えていきました。
~みどころ~
昔話でもおなじみの、羽衣伝説をもとにした能です。昔話では、天女は羽衣を隠されてしまい、
泣く泣く人間の妻になるのですが、能では、人のいい漁師・白龍は、すぐに返します。
羽衣を返したら、舞を舞わずに帰ってしまうだろう、と言う白龍に、天女は、「いや疑いは人間にあり、
天に偽りなきものを」と返します。正直者の白龍は、そんな天女の言葉に感動し、衣を返すのです。
天女の舞はこの能の眼目で、後に東遊(あずまあそび)の駿河舞として受け継がれたという、
いわれがあります。世阿弥は、伝書の中で、天女の舞を特別なものと考えていたようで、
後の時代には舞の基本とされましたが、今では大きく様式が変わっています。穏やかな春の海、白砂青松、
美しい天女の舞い、そして遠く臨む富士山。
演者も観客も、幸せな気分にしてくれる能といえるでしょう。

◆着装士技能コンテスト 創作帯結びについて
・発表方法 … 人間モデルに着付け、山本能楽堂舞台上にてショウ形式で披露。

・審査方法 … 出展作品の画像を冊子にまとめたものを配布し、舞台上のモデル作品と併せて審査。
投票の方法は従来どおり、出席者全員によって優勝、準優勝、第三位が選ばれます。

・モデルについて … 今回の実践編の帯結びでは、振袖だけではなく訪問着も入ります。
振袖のモデルには、若いお嬢さんでお願いします。
訪問着は帯結びにより年齢を問いません。

・出展料  … 3,240円

※今回の実践編の帯結びでは、振袖だけでなく訪問着も入ります。
※モデルが都合できない場合は、協会でとりまとめて、近隣の学院へ尋ねます。
※モデルへの謝礼は一律 5,000円として直接モデルへお渡しください。
尚、モデルの着物ショウへの出席会費 六,000円は、モデル自身で必要となります。
ご協力のほどよろしくお願いします。
【和装新聞誌上や出展申込書に記載しているボディレンタル料は不要になります。】

【重  要】
創作帯結び出展申込書に添付してもらう写真をそのまま審査用の冊子に使用します。
そのため何点か基準を定めますので確認のうえ写真撮影に臨んでください。
(帯結びの本の出版の参考資料として手順ごとに6カットほど写真が必要です。)

a・出展申込書に添付するできあがり写真3枚と手順6枚にします。
ボディに着付け、全身後ろ姿1枚・帯結びアップを1枚・
前姿上半身(おはしょり線位まで)を1枚。
b・背景に気を配ってください。ふすまの前や何もない壁の前などなるべく無地背景を奨励します。
大き目の紙や布等を使用でも構いません。
c・モデルの手配の要・不要、希望の身長、及び、使用の振袖・訪問着など着物の種類、袋帯・名古屋帯・
半巾帯など帯の種類もお知らせください。

創作帯結び「実践編」の本の出版について

今回出版の創作帯結びの本の主旨は「実践」です。

着付け現場で実際に役立つもの
手早くできて形づけが容易なもの
見栄えが良いなどの実践編。

て先、たれ先にひだをとっておき、早く形づけるなどの技も現場では必要になります。
振袖の帯結びはもちろん、ヤングミセスの方向きの帯結びや、シニア向けの帯結びなど、
着付けに従事する私達には必要です。

今回ミス、ミセスの帯結びともに対象年齢も幅広く募集します。

募集に際しての約束事は、自分自身で考えた帯結びであり、今までに未発表の作品に限ります。

11月29日の懇親パーティ(納会)にて、従来のコンテスト形式で優勝、準優勝、第三位と決定し、
この三作品に関しては掲載を優先します。 (※既に決定済)
また入賞を逃したとしても、出展された作品は掲載への検討を進めてまいります。

また、会員様のご都合によりコンテスト出展はできなくても本の制作に際して創作を募集します。

これらお預かりした作品は、帯結び実行委員会を設け、掲載に向けて検討を進めてまいります。

ご自身で考案した帯結びが掲載されると、現場で実践されることになります。
市販の本ではなかなか満足いかなかった素晴らしい本を、一緒に作りあげてくださいますよう
ご協力をお願いします。

■■■募集要領 → 只今3月末日まで再募集中! →くわしくはこちら
→「創作帯結び 実践編」帯結び 提案申込書ダウンロード

・撮影時期・・・2016年夏ごろ。

・撮影方法・・・すべてボディを使用して大阪のスタジオで行います。

・本の体裁・・・帯結び実行委員会で決定します。

・出版予定・・・2016年秋ごろの予定です。

*出展者が大阪まで来れない場合は、帯結び実行委員会の委員が代理で行うことも可能です。

2012年度 懇親パーティ(総会)①午餐会

12月2日(日) ホテル大阪ベイタワーにて、

2012(平成24)年度一般財団法人全日本和装コンサルタント協会・
全日本現代作法協会懇親パーティ(総会)を開催いたしました。

   

第42回となる今年度の懇親パーティ(総会)ではこの度初めてとなる2部構成となります。

午餐会では髙木会長のあいさつの後、乾杯。

ホテル大阪ベイタワーの素敵な午餐をいただきつつ、展示の説明を受けました。

 

~~~ その後、一旦中締め、フレキシブルタイム(自由時間)となります。 ~~~

 

フレキシブルタイムでは『一榮十二単 平安朝白無垢』を披露。

考案された宮廷装束研究家・福呂一栄先生の説明のあと、記念撮影タイムとなりました。

モデルさんは、萠着付作法学院の生徒さんです。ありがとうございました。

 

== フレキシブルタイム風景 ==

・和装道テキスト「師範科」より、染のきもの地の種類の実物展示。
それぞれの風合いの違いを直に感じていただきました。

 

・和装道テキスト「特別専科」より、結納について日本各地方の結納飾りの実物(パネル)展示

東日本大震災救済支援「ハートニットプロジェクト」に出店をしていただきました。

 

・時代衣裳や組紐作品

 

・創作帯結びの投票…みなさん真剣です。

約1時間のフレキシブルタイムの後、

第二部「学美(まなび)の会」に移ります。

着付け研修会報告

協会会員の方々の技術向上を目指し、
全国各地域で着付け研修会を行いました。


岩手会場(4月21日)


大阪会場(6月3日)


福岡会場(7月1日)

今年度の研修会は「着付け技能検定」の課題に沿って行い、
受講者のみなさまとても真剣に取り組まれ、
各会場ともとても実りある研修会となりました。

 

今年度の研修会は全日程終了致しました。
来年度についてはまだ未定です。
決定次第和装新聞誌上や、当ホームページでご案内いたします。

2011年度 懇親パーティ(総会)①式典の部

12月11日(日) 太閤園にて、 2011(平成23)年度
一般財団法人全日本和装コンサルタント協会・全日本現代作法協会懇親パーティ(総会)を開催いたしました。

髙木久実第2代会長より挨拶、及び協会役員の紹介

学院長紹介
学院長紹介


新学院長挨拶
装和きもの学院本校 頼政綾美学院長


賀寿を迎えられた先生方へ記念品を贈呈しました


社内検定合格者の紹介 おめでとうございます。

2011年度懇親パーティ(総会)②女子神職の服制

日本三大祭りのひとつ「天神祭」を司られます、大阪天満宮の
女子神職の服制 正装 礼装 裳装 の着装
女子神職の作法 立居振舞のご披露がありました。


ご指導は 大阪天満宮 権禰宜 糸数先生です。


格調高く峻厳な神道に仕える精神、所作に感動の一時間でした。

Art Gallery

sui66hasu44hasu33テスト

About

昭和46年1月、「日本の伝統的和装の美を後世に正しく継承すると共に近代的和装技術の向上と発展のため研究教育を中心とし国内国外を通じてきものの保存と普及に務め親交を深めていくこと」を目的として

Read more...