生徒の声

日本の伝統文化である「きもの」、「作法」の魅力について、広く
世に伝えていきたいと願い、感想文を募集しました。
「きもの感動物語」「作法感動物語」応募作品の中から上位4名をご紹介しています。

生徒の声No.1

協会実施「きもの・作法感動物語」、受賞作品より

『成人の日に』 秋田和装総合学院 松永 香澄

記録的大雪となった1月。今年もまた、和装着装士として大きな喜びを感じる
ひとときを迎えることが出来た。

それは1月10日、成人の日の朝である。

衣桁に掛けられた晴れ着を前に、母と娘は共に頬をほんのりと桜色に染めていた。
娘は瑞々しい生命力と希望にあふれる若い瞳を輝かせ、母は安堵と喜びを湛えた
慈愛の眼ざしでそれを見守っている。

毎年、年の初めのこの光景を見るのが私は大好きだ。

着付けをしていると、人様の様々な人生の節目に遭遇することが多い。
そんな中でも成人式という人生の春を飾る振袖の着付けは、伝統の形・色・模様に
身を包むことで、日本の民族衣裳の素晴らしさを知ってほしいとの思いを込め
腕によりをかけて精一杯張り切る機会だ。

より美しく華やかにと作業を進めると、完成に近づくにつれ、鏡の中の若い瞳が更に
輝きを増してゆく。

この瞬間に、私は着装士としての無上の喜びを感じる。

また、傍らで目を細める家族にとって、20年間慈しみ育てた子が無事にこの日を迎えられたことは、
これまでの苦労も消える程の幸せであろうと思いを巡らせる。
そして、かつて自分にもこんな日があったことを思い、今更ながら両親に感謝する瞬間でもある。

これまで沢山の家族と様々な成人の日に立ち会ってきた。
両親の離婚で父親と一緒だった娘。晴れ着に赤ちゃんを抱いていた娘。
バッグに父の遺影を忍ばせていた娘。
それぞれの事情の中で生きている新成人たちは、着付け終わると、皆同じ晴れやかな笑顔で
雪の中へ飛び出して行く。その後姿に向かって、この先の人生にも幸多かれと祈りながら
送りだす。毎年繰り返される喜びのひとときだ。

外は真冬の猛吹雪。しかし、弾ける笑顔と晴れ姿に、まるでそこだけが春のような空気に包まれて、
母娘は会場へと出掛けた。

生徒の声NO.2

協会実施 「きもの・作法 感動物語」 受賞作品より

『ラクだからいいのか』 関西和装学院浜松本校 安部久美子

着物は窮屈です。階段で裾を踏みそうになり、背をもたれかければ、
帯が背中で悲鳴をあげる。
家で洗濯機に入れてガラガラ洗うわけにはいかないから、食事にも気を使う。
跳ねを気にしてカレーうどんなど、恐ろしくて食べられない。

それに比べ洋服は楽だ。階段は一段飛ばしに上がれるし、寝転がれる。
汚れたら洗濯機でガラガラ洗えるからカレーうどんもOKだ。

けれど、けれど…

これでいいのか。一段飛びの階段上りは、元気いっぱいだが、それ程
急ぐ必要があるのか?寝転がった姿はお行儀が悪くなる。

今まで着物は、結婚披露宴に呼ばれた時くらいしか着たことがなかった。
着付けを習い始めて、締める心地良さを感じた。
人に締めてもらった時は、ただただ苦しいだけだが、
自分で締めれば力を加減する。着崩れず、苦しくなく、ぎゅっと締めた紐は、
心も引き締める。「言葉づかいまで違うね」と友に言われたこともある。

今の目標は普段着に着物を着ることだ。着付けにはまだまだ自信がないせいか、
近所のスーパーに着物姿で買い物に行く。何となく照れくさい様な、恥ずかしい様で
まだ成しとげていない。まだまだ練習しなくては・・・。

この夏、また若い娘達は、腕を出し、肩や背、いや、おへそやお尻の割れ目さえ
露出させる季節が来る。
ああ恥を知る日本の文化が消える。そんな中、涼しい顔で白い紬を小粋に着こなし、
日傘を差してさっそうと歩く。そんな自分を夢見て、着付けのお稽古をしよう。

ああその前に、着ているジャージを脱ぎすて、もぐりこんでいるコタツから這い出さなくては…。

生徒の声NO.3

協会実施 「きもの・作法 感動物語」 受賞作品より

『子どもたちと共に』  岩手きもの学院 晴山玲美

「何かお稽古事を始めたい」

そんな軽い気持ちで通い始めた着物教室。
気がつくとあれから早11年が経ちました。

そして、2年程前からは着物を着た時の立居振舞にも一層気をつけたいと
言う思いから、お作法も習い始めました。

一昨年、その着付けや作法を習い始めたのが縁で、先生より
「子ども作法教室」のお声をかけて頂き、月に1~2度お手伝いさせていただくようになりました。

浴衣の着付けは勿論のこと、正座をして話を聞くことすら難しかった子ども達が、
回を重ねるごとに上達していく姿は本当に目を見張るものがありました。
やがて一人で浴衣を着られるまでになった子ども達。
その表情は誇らしくも喜びにあふれ、自分の浴衣を買ってもらった事など、
話しかけてくる子ども達の目はいつも輝きに満ちています。

日本の伝統文化に触れることなく育つ子どもが多い中、教室に通ってくる子ども達を
見ていると着付けや作法を通して落ち着いた心や周りの友達との調和を学んでいると感じます。

現代の日本人が忘れかけている大切なものを未来を担う子ども達が確かに
受け継いでくれる事を切に願いつつ、私自身も成長していきたいと思います。

生徒の声NO.4

協会実施 「きもの・作法 感動物語」 受賞作品より

三陸きもの学院  岩間幸子

三十代に入るまで、私が着物に触れた記憶といえば、七五三の一度きりで、
叔父が反物屋に勤めていたため、母は一人娘の私に着物を仕立ててくれたのでした。
今では写真を見ると、両親に感謝する思いになります。

成人式にも出席せず、友達とレストランで祝ったことは思い出ですが、
今になると振袖を着ておけばよかったと悔やむほど、着物に魅せられるとは
思いもしませんでした。

そんな着物に興味がなかった私が、突然着物の魅力に取りつかれたきっかけは、
一人の女友達の粋な着物姿でした。

ある日の事、彼女とお茶を楽しもうと、高円寺の街角で待ち合わせたのです。
駅からこちらに、光に包まれたように凛とした着物姿の女性が近づいてくると、
なんと友達ではありませんか。
彼女は最近、昔きものに魅せられて着付けを始め、普段もなるべく着ているというのです。
その心粋に私は衝撃を受けました。そうなると思い立ったら吉日、彼女にアドバイスを頂き、
どんどん着物が好きになっていきました。

しかし、自分で着たこともなければ、持ってもいない。小物一つも分らなく、ただキレイな
着物屋さんをのぞいたり、柄に興味を持ったりするだけでしたが、
岩手の実家に近い、三陸きもの学院を知り、Uターンをきっかけに門をたたいたのです。

基礎からお稽古を始め、とにかくお教室に通うたび、日本女性の着物文化、着こなしや織り、
生地、柄、合わせ方など、現代のおしゃれに負けない伝統の日本の着物について知れば知るほど、
目からうろこの発見が沢山ありました。

今、私は、きっかけとなった友達、そして及川ナツ子先生に大変感謝し、人生の楽しみを見つけられ、
そして日本女性の歴史に触れて充実した日々を送っています。

Art Gallery

sui66hasu44hasu33テスト

About

昭和46年1月、「日本の伝統的和装の美を後世に正しく継承すると共に近代的和装技術の向上と発展のため研究教育を中心とし国内国外を通じてきものの保存と普及に務め親交を深めていくこと」を目的として

Read more...