生徒の声NO.3

協会実施 「きもの・作法 感動物語」 受賞作品より

『子どもたちと共に』  岩手きもの学院 晴山玲美

「何かお稽古事を始めたい」

そんな軽い気持ちで通い始めた着物教室。
気がつくとあれから早11年が経ちました。

そして、2年程前からは着物を着た時の立居振舞にも一層気をつけたいと
言う思いから、お作法も習い始めました。

一昨年、その着付けや作法を習い始めたのが縁で、先生より
「子ども作法教室」のお声をかけて頂き、月に1~2度お手伝いさせていただくようになりました。

浴衣の着付けは勿論のこと、正座をして話を聞くことすら難しかった子ども達が、
回を重ねるごとに上達していく姿は本当に目を見張るものがありました。
やがて一人で浴衣を着られるまでになった子ども達。
その表情は誇らしくも喜びにあふれ、自分の浴衣を買ってもらった事など、
話しかけてくる子ども達の目はいつも輝きに満ちています。

日本の伝統文化に触れることなく育つ子どもが多い中、教室に通ってくる子ども達を
見ていると着付けや作法を通して落ち着いた心や周りの友達との調和を学んでいると感じます。

現代の日本人が忘れかけている大切なものを未来を担う子ども達が確かに
受け継いでくれる事を切に願いつつ、私自身も成長していきたいと思います。

Art Gallery

sui66hasu44hasu33テスト

About

昭和46年1月、「日本の伝統的和装の美を後世に正しく継承すると共に近代的和装技術の向上と発展のため研究教育を中心とし国内国外を通じてきものの保存と普及に務め親交を深めていくこと」を目的として

Read more...